不妊症男性不妊二人目不妊妊娠出産育児不妊治療不妊の原因、全てわかる「子宝の知恵」

男性不妊

男性不妊は、不妊の原因の上位になりつつあります。

男性不妊は、不妊の原因の上位になりつつあります。

近年は晩婚化が進み、結婚して赤ちゃんがほしいと思う頃に、会社では責任ある立場になっていることが多く、上司と部下に挟まれ、人間関係などのストレスが急に高くなっています。

こういった生活環境の変化などから成人男性の精子数が減少しているという発表がWHO(世界保健機関)からも出されており、精子の運動率も20年前と比べて80%から50%にまで低下しているそうです。つまり、元気な精子をつくれない男性が確実に増えているのです。

男性不妊は今や特別ではありません。
夫婦間の問題として周りに話さない人が多いだけで、ご夫婦一緒に頑張って取り組んでいるという方もたくさんいらっしゃいます。

ただ、一般的に、女性は検査や治療に積極的な方が多いのですが、男性はなかなか病院に行かず、不妊治療に対しても積極的な方は少ないと言われています。仕事、プライド、気恥ずかしさ、無関心など、様々な理由があると思います。そのため、あまり仰々しい男性不妊の予防方法はなかなか取り入れられなかったり、続かなかったりするケースが多いようです。

ストレス・マネージメント法

昼間の仕事でのストレスによる精神的興奮が家に帰っても収まらなくて、いざ寝ても深く眠れず、体の回復が十分にできないことがあります。

昼間の仕事でのストレスによる精神的興奮が家に帰っても収まらなくて、いざ寝ても深く眠れず、体の回復が十分にできないことがあります。こうした毎日が続くと、精子の数が減少したり、運動レベルが落ちてしまったり、中にはED(勃起不全)で悩む方も多くなっています。

本人は、リラックスしているつもりで、寝る直前までテレビを見たり、お酒を飲んだりしていると、自律神経系が狂い、いつまでも交感神経が興奮したままになります。
睡眠を深くし、体を回復させる作用のある副交感神経にシフトすることができないため眠りにスムーズに入れず、深い睡眠がとれなくなってしまいます。

ストレス・マネージメント法で、寝る前1時間は、静かな時間をとり、次第に精神的興奮を抑えていって、穏やかな気持ちになって、リラックスしてから就寝することをお勧めします。

ですから、ストレス・マネージメント法で、寝る前1時間は、静かな時間をとり、次第に精神的興奮を抑えていって、穏やかな気持ちになって、リラックスしてから就寝することをお勧めします。

ストレス・マネージメント法について詳しくご覧になりたい方は、詳しくは「しあわせ妊娠マニュアル」をご覧ください。
ページの上へ
アドバイスブック「しあわせ妊娠マニュアル」

良い子を迎える体を作る!
アドバイスブック「しあわせ妊娠マニュアル」
詳細はホームページから

アドバイスブック「子宝の知恵」の詳細はこちらから